« 桜の木、椅子になる | トップページ | 貴重なフェンネル »

2010年12月 3日 (金)

冬をみつけに

P1110319

ここ何日か 穏やかな小春日和がつづいていたので、買い物ついでに ちょっと足を伸ばして、霧が峰へ 散歩に行ってきました。 八ヶ岳も うっすらと 雪をかぶっていました。

今回は、踊場湿原を 一周しました。ゆっくり歩いて、1時間半程度。日陰の道は、霜柱が ザックザックと続き、足裏が ぐちょぐちょに。

小高いところにでると、北アルプスがみえ、そして 下ると、霧が峰では 珍しく ミズナラの林が 続きます。林を抜けると、小川がありました。

Fuyunokawa                 凍っているのが わかりますか?

Koori 耳を澄ますと、ちょろちょろ 水が流れる音が 聞こえてきます。凍っているのは、表面だけのようです。

…ちょろ ちょろ チョロ チョロ… なんとも 心地よい音が 響きます

小川で ちいさな冬 みつけました。

P1110353_3                    氷が張った湿原の池

P1110355                      青く澄んだ冬の空

P1110358_2                 

冬枯れの湿原は、静寂という言葉が ぴったりですね。もうすぐ 白い雪に覆われて、静かに眠るのでしょう。

この季節の霧が峰の風景を眺めると、星野 道夫さんを 思い出します。

|

« 桜の木、椅子になる | トップページ | 貴重なフェンネル »

冬の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/50200245

この記事へのトラックバック一覧です: 冬をみつけに:

« 桜の木、椅子になる | トップページ | 貴重なフェンネル »