« むろに保存 | トップページ | 冬をみつけに »

2010年12月 1日 (水)

桜の木、椅子になる

Sakurasaku_2

晩秋のある日のこと、材木屋さんから 桜の木が届きました。

椅子になるために やってきた桜の木です。

それでは、椅子になっていく過程を 簡単ですが

ご紹介しましょう。 

1.桜の木、積み木になる~木取り と 木作り~

   D_2                    大きな板が 切られ

A_2                         切られ

C_2                      また 切られ

E                       そして 削られ

F                   積み木のように 整いました

2.かたちにする~墨つけ と ほぞの加工~

G       1の板に 椅子のかたちを 書き込み(墨つけ)、切っていきます

K                     …切っていきます…

J                細かいところは のみで…

H                 かたち(ほぞ)に なってきましたね

Viisi                      ほぞ穴を つくります

T                   できてきました…

3.かたちを つくる

 

L_2                削って かたちを 整えます

U                 丸みを つけていきます。そうすると…                 

R                やわらかい表情に なってくるでしょう

O                      そろって きましたね

Tre                  はい、 せいぞろい

Kumitate_3                                    さあ、 組み立てましょう

P1110247                  椅子らしく なってきました

4.座面をつくる

Photo_3                                   5枚の板を 張り合わせます

Tinnque_2               さあ、座面のかたちに切っていきましょう

Diech_2                また 丸みをつけていきますよ

Nouve_2                お尻が フィットするように 削ります

Sette_2             仕上げに、サンダーをかけ、すべすべにします

5.オイルを塗る

Otto_2木にオイルを塗ると、木が 雨にぬれたような色になるので、オイルを塗った木を ぬれ色というそうです。桜の木は、赤み帯びた色になります。桜の花が咲く頃に 小枝を煮込んで草木染をすると 桜色に染まるように、桜には 赤い色素があるんですね。

さあ、これで 終了です。

6.完成

Kakusi_2 いくつもの工程を経て、たくさんの手間と 気持ちを込めて、作られた桜の椅子です。

Ykusi_3                    この曲線美、いいでしょう…? 

Kolme             

     ちょっと お掛けになりませんか? ひだまりの中で、のんびりしましょう…。

|

« むろに保存 | トップページ | 冬をみつけに »

木のある暮らし~家具~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/50174239

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の木、椅子になる:

« むろに保存 | トップページ | 冬をみつけに »