« ロケットストーブをつくる②~レンガを積む~ | トップページ | サイレントナイト »

2012年1月21日 (土)

ロケットストーブをつくる③~レンガ積みのつづき~

Photo_2

前回は、ロケットストーブの要所、ヒートライザーをつけたところで 終わりました。これから、気熱の通り道を作りながら、レンガを積み上げていきます。

Photo_2            Photo_7











   
レンガをカットし、水に浸して モルタルで重ねていく、という 単純な作業ですが、レンガは 水を含んで 重く、モルタルも 左官屋さんのように 手際よく きれいには ぬれません。結構な重労働です。

手は 水と砂で荒れ、真っ赤にはれました。”左官屋さんも 大変だなぁ”と 実感。言葉がこぼれました。

Photo_5

それでも、レンガを積んでいきます。レンガが高くなり、腰を曲げずに作業ができるようになると、少し余裕が出てきたのか、思い出話が こぼれました。

”こうして 次は何段目 って数えながらやっていると、ログハウスを作った頃を 思い出すよ。あの時も、丸太を 数えながら、重ねていったなぁ”

Photo_6

そうして、遊び心も…

Photo_8

でも、慎重に…

Photo_4
レンガが高く積まれ、ヒートライザーは 姿を消し、

Photo_12

変わって出てきたのは、遊び心の窓・・・花や オブジェを飾ろうと考えてます

Photo_5
そして、またもや 窓?…ここは、料理したものを 保温するスペースの予定デス。

Photo


次に出ましたお月様?…いえいえ、煙突の穴です。

Photo_10

そして 最後。ヒートライザー(まる)と 外側のレンガ積みとの間に パーライトを入れます。

パーライトは 断熱の役割をします。燃焼時 ヒートライザー内の温度をなるべく高く保ちたいので、周りに熱が逃げないようにするのが目的です。

Photo_9


こうして レンガを積み上げて、8日目。ここにようやく、レンガ積みは終了しました。

想像していたものよりも、大きく感じます。 なんだか、遺跡みたい。目が慣れるまでは、違和感も感じましたが、ここに土を塗ることで、また 雰囲気も変わってくるでしょう。

次回は、煙突の設置と全体に土を塗り、仕上げに入ります。  ~つづく~

|

« ロケットストーブをつくる②~レンガを積む~ | トップページ | サイレントナイト »

ロケットストーブ」カテゴリの記事

コメント

お~!!もうすぐ完成しそうですねhappy01

ヒートライザーの断熱理解しました。
あの方法だとあまり大きくならないし
断熱材が厚く出来てよさそうですね。
勉強になりました。

また質問なのですが、
ヒートライザー作るのに耐火モルタル何袋使いました??

投稿: てつ | 2012年1月21日 (土) 22時36分

耐火モルタルですが、アサヒキャスターCA-13S(25Kg)を2袋 CA-13Tを2袋買いました。1袋で約12リットルになります。ヒートライザーには計算上は17.6リットル必要でした。なので、だいたい1袋半くらい使ったでしょうか。(13Sの方)  13Tの方は耐火レンガの目地やパーライトのフタに使いました。

投稿: ろばの家具屋のあるじ | 2012年1月21日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/53780873

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットストーブをつくる③~レンガ積みのつづき~:

« ロケットストーブをつくる②~レンガを積む~ | トップページ | サイレントナイト »