« ロケットストーブに火を入れる | トップページ | 2月と ロケットストーブ »

2012年2月14日 (火)

ロケットストーブを改良する

その後、また いろいろ 考えて、ロケットストーブを改良しました。

その1.煙突

Photo_2
火の引き込みを強くするには、どうしたらいいか…両川氏に相談したところ、軒下は、風がたまりやすいので、外に出した方がいいのでは、という提案がありました。

Photo_3
やはり、煙突は 長いほうがいいようです。以前より、安定して 火が燃えるようになり、風が 吹き込んでくることもありません。

その2. 天板

Photo_4
鉄作家の河原崎氏に依頼をして、鉄の天板が きれいに加工されて 戻ってきました。

Photo_5
試しで使ったときに、ヒートライザーからの高熱で、鉄が曲がる兆候が見えたので、保護のため、ヒートライザのところを 2重にして 炎よけの細工を施し、

Photo_26
また、持ちやすいように、取っ手もつけてもらいました。

Photo_8


ところで、この天板。一枚 30キロと重いので、持ち上げるのに、ひと苦労。そこで、滑車をとりつけ、天板の微妙な位置を うまく調整できるようにしました。

その3.ダンパー

Photo_13

バイパスの空気を調整するダンパーです。上のネジを回すことで、鉄板の下にあるダンパーを上げたり、下げたりできるようにしました。

Photo_14
                ダンパーを取り付けます。

Photo_28

そして、完成です。火の入れ始めは、ダンパーを 開けますが、火が安定してきたら、閉めます。

4.漆喰を塗る

趣のある土壁ですが、薪をくべる時などに 何気なく 足でこすって、土がこぼれます。そこで、崩れやすいところに 顔料で色をつけ、漆喰を塗りました。

Photo_15

Photo_27
ちょっとした アクセントにも なったでしょうか?

5.点検口

Photo_19
灰をかき出す取り出し口です。取っ手は、木で作りました。家具屋ですからね。

Photo_22
こちらも点検口。

Photo_25

Photo_29
2012年の冬は 明けても暮れても ロケットストーブの日々が 続いています。

ここで、ホームページに ロケットストーブの記録をまとめました。概略図も 掲載しています。ご興味ある方、ぜひ ご覧ください。 こちらから⇒

|

« ロケットストーブに火を入れる | トップページ | 2月と ロケットストーブ »

ロケットストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/53982445

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットストーブを改良する:

« ロケットストーブに火を入れる | トップページ | 2月と ロケットストーブ »