« ロケットストーブを改良する | トップページ | 春をつげるものースノードロップー »

2012年3月 1日 (木)

2月と ロケットストーブ

ロケットストーブに 火を入れ始めて、もうすぐ ひと月になります。いえ、まだ ひと月と言いたい所です。

Photo
というのは、使い始めが ちょうど厳寒期。また 今年は寒さ厳しく、2月は、朝の最低気温が マイナス8度から12度の間を 行ったり来たりしていました。

Photo_3

ロケットストーブの特徴として、ストーブ自体が暖まるまでに かなり時間がかかるので、その間は ロケットストーブだけでは 薄ら寒く感じるときがあります。

平均室温、17-18度。朝方は 16度。日中は 20度まで いくこともありました。

Photo_4

これが、秋の初め頃から使い始めていたら、温かさの実感は 恐らく違っていたでしょう。ですから、ここで ひとくくりに ロケットストーブを語ることは まだできませんが、楽しいですよ。

Photo_5

ロケットストーブができて、薪ストーブよりも 更に 火を身近に感じるようになりました。火の世話に 結構 手をとられるのですが、それが 不思議と 厄介ではなく、楽しく感じるのです。

それもまた、状況や 人により、感じ方は いろいろでしょうから、一概に言えませんが。

Photo_2
実は、ちょっと 焚き過ぎたようでして、ヒートライザーの上のところに ひびが入りました。作った手間を思うと、”あ~ぁ”と言ったところですが、ご愛嬌で オフシーズンになったら、そのひびに 漆喰で補修をしてあげよう…と 話をしています。

これも 手づくりだから、楽しめることですね。買ったものなら、目くじらがたったかな?

興味のある人が集まれば、”ここは ああしてる”と 自分なりのアイデアを 意見交換できるのも ロケットストーブの魅力だと思います。

Photo_3
こんな楽しみもありますよ。 2月には こだわりのチョコレートケーキを焼く日がありまして、食べる前に ちょっと ロケットストーブで 温めると、表面が ぱりっとし、中が とろっとして、ホットなチョコレートケーキになり、おいしさが アップしました。

お皿を温めておくのも、定番になりました。

Photo_4
ロケットストーブの登場で、すっかり 肩身の狭くなった薪ストーブですが、火力の強さでは劣りません。味噌作りで 大豆6キロを煮るのに 大活躍。

厳寒期の本当に寒い日は、薪ストーブを使ってもいいかな とも思います。しばらく、家を留守にしたときには、必須でしょう。

Photo_5


家の中で過ごしている盆栽は、部屋の暖かさで 2月の半ば頃から 芽が動き始め、すっかり 新緑を迎えています。過保護にならないように、寒い日でも 日中は 外に出すようにしていたんですけどね。

しかし、緑は いいですね。真冬の中での 思いがけない芽吹きに 心楽しませてもらっています。

Photo_8

新しい靴下も できあがりましたっ。編みこみにしたので、地が厚く、ぬくぬくと温かです。

Photo_6
2月の最終日に降った雪は 今日の暖かさで、みるみる 溶けてなくなりました。今日から3月。寒さも緩んで、春の気配を感じるようになってくることでしょう。(期待!)

|

« ロケットストーブを改良する | トップページ | 春をつげるものースノードロップー »

ロケットストーブ」カテゴリの記事

コメント

 すばらしい作品ですね。完成おめでとうございます。ひびが入ったところは、私も見ていて悲しくなりました(^^;)。   
 私もこれと似たもの(これより一回り小さく、土塗りなし)を作りたいと計画しています。特に気になっているのが次の3点で、よろしければご教授下さい。   
(1)本体は、素手で触るとやけどの心配があるくらいの温度になりますか?   
(2)排気の温度は、何度くらいですか?できれば、レンガ直後(金属煙突の最初の部分)、建物から出るところ、煙突の末端などがわかると有難いです。温度が数字でわからない場合、煙突に手で触れるかどうか程度でも有難いです。   
(3)目酢液(結露)は、どこに、どのくらい出ますか?煙突にも出る場合、腐食の兆候はありますか?

投稿: 小沼 | 2012年11月20日 (火) 22時03分

ブログを見ていただきありがとうございます。ご質問の件ですが、(1)焚口付近はかなり熱くなります。やけどの可能性はありますね。他は大丈夫です。(2)煙突の始まるところは手で触れますが、けっこう暖かいです。外に出るとぬるい感じです。先端は高いのでわかりません。(3)木酢液は外の水平から垂直にまげているところから垂れてきます。けっこうバケツにたまります。煙突の腐食はいまのところ大丈夫そうです。ちなみに、今年煙突を2本足しました。強風の影響を軽減させるためです。なので、外の垂直の煙突は2.5m位になります。製作頑張ってください。

投稿: ロバの家具やのあるじ | 2012年11月21日 (水) 21時24分

 ありがとうございました。大変参考になります。
 全体のやけど対策と、レンガ部分の木酢液の処理が悩みどころでしたので、対策がちょっとだけで済むというのがわかり、とても有難いです。もっとも、やけど対策は、レンガだけだと危ないかもしれませんので、あとで対策を追加できるようにしておこうと思います。

投稿: 小沼 | 2012年11月23日 (金) 14時36分

Hello from Italy.
Your rocket is beautiful. I have made one on my kitchen, but I wanted to make another one in my dinner room. I was thinking how to make it, and seeing yours, now I know. The room is like yours and i too have wood roof. With your permission, I shall copy yours.
Thank you again.

投稿: Pascal | 2014年2月 9日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/54106917

この記事へのトラックバック一覧です: 2月と ロケットストーブ:

« ロケットストーブを改良する | トップページ | 春をつげるものースノードロップー »