« 秋の風 | トップページ | イタリア・トスカーナ州 ②アグリツーリズモに泊まって »

2012年10月20日 (土)

イタリア・トスカーナ州 アンギアーリ① 路地を歩く

この写真のように イタリアでは 小高い山に 城壁で囲まれた要塞のような集落が築かれているのを よく見かけます。イタリア共和国になるおよそ150年前までは、小国が点在し、戦国の世であった背景が ここに 偲ばれます。この中世の面影残る地区は、 歴史地区(旧市街)と呼ばれ、今でも 人々の暮らしが営まれていることが、とても魅力的です。

Photo_17


こんな街を歩いてみたいという想いが、イタリアへの旅を決め、下調べをしているときに、心ひかれたのが このアンギアーリという小さな町でした。

こうして、私達の~トスカーナ州 小さな町を巡る旅~は、イタリアで ‘美しい村’にも選ばれている アンギアーリから始まりました。

アンギアーリの町は ふたつの城壁に囲まれていています。さあ、ふたつの門をくぐって、街歩きを始めましょう。

Photo_3

まず、目にはいってくるのは、石やレンガで積み上げられた家々。その時々に あるもので補修をしてきた形跡がみられ、 歴史と趣を感じます。

Photo


  そして、小高い山に作られた街は、坂道と 階段が多いです。
Photo_6


     

ほら、こちらでも。 おばあちゃんも てすりにつかまりながら、元気にお散歩。

Photo_9

この街を歩いていて 楽しいのは、路地が 迷路のように入り組んでいること。この先 どんな風景に出会うのか、わくわくしながら 歩きました。しかも、小さな街なので、地図をもたなくても、気ままに 安心して歩けるところが またいいです。

     さあて、今度は どっちの道へ行こうかしら…

Photo_11

 

Photo_12
               こんな細い路地に でました

Photo_15
                う~ん、この窓 かわいいなぁ…

Photo_16
      こちらの窓は シックな感じ。窓枠が いいですね。

 Photo_14
                   この素朴さ…



Photo_15
看板のある風景も なかなかのもの。初めて歩く街は、見るものすべてが 目新しく、なかなか 前に進みません。

おやっ、階段を上がっていく先に 何かがみえますね。

Photo_8


渡り廊下のようです。ほらっ、こちらにも。おもしろいですね。ちょっと 渡ってみたい気分。

Photo_24
 

        あらっ、また ありましたっ。

Photo_2

おやっ。これは 渡り廊下とは ちょっと様子が 違いますね。 一体 なんでしょう?

後日、聞いたところによると、門の名残だそうです。中世の頃、アンギアーリには、敵の侵入を防ぐために 5つの門があったそうです。人々の命を守るための門が こうして長い時を経て ここにあるということは、この門が アンギアーリの人々の誇りであるように思われます。 この話を聞けて、アンギアーリの街が いっそう好きになりました。
(協力:onasai utako )

Photo_9


さて、今度は たくさんのアーチです。ここを 通り抜け、

Photo_27


階段を登ってたどり着いたのは、街の時計台。

Photo_3


              いい眺めです

Photo_40

上からみると、いろいろな形の煙突があることに 気づきました。

Photo_28

Photo_10

Photo_31

坂を下っていくと、水色のリボンを ドアにかけたお宅がありました。男の子が生まれたんですね。おめでとうございます。ちなみに、女の子だと、ピンクのリボンです。

Photo_32


そして、教会の前にやってきました。11世紀頃のものだそうです。ちょっと、中にはいってみましょう。

Photo_4

しばらくすると、外から こども達のはなし声が聞こえてきます。イタリア語で ‘おしゃべりする’を ‘キアッキエレ’(chiacchiere)と言うのですが、まさに‘キャキャ’と楽しそう。

突然、外国人が出てきたら、驚かしてしまうのでは と思い、待ちました。

しかし、おしゃべりは 一向に終わらない。… … … 

Photo_5
     もう いいですか?…そーっと、外に出る

Photo_33子ども達は 変わらず おしゃべりを続けていました。…ほっとする私。ちょっと 考えすぎだったかしら?

         今度は 坂を下っていきます。

Photo_39

最後に みかけたのは、お花がいっぱいの家。庭がなくても、花を愛でる気持ちを こんな風に表現できるんですね。

Photo_36


締めくくりに またふたつの門をくぐり、迷路のような街歩きは おしまいです。

Photo_37

|

« 秋の風 | トップページ | イタリア・トスカーナ州 ②アグリツーリズモに泊まって »

イタリア アンギアーリ①」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです。ずいぶん遠くまでお出かけしてきたようですね。素敵な風景や歴史を感じさせる建物などの写真から、貴重な体験をされてきたのだろうと推察します。私の職場の上司も今月、ドイツ・スイスを旅行してきて今週帰国しました。結構寒かったと言っていましたが、イタリアは花がまだたくさん咲いているのですね。

投稿: 季楽 | 2012年10月20日 (土) 22時50分

季楽さま。こちらこそ、ご無沙汰しております。お元気ですか?コメント、ありがとうございます。私達夫婦にとっては、今回が 初めての海外旅行でした。特に、小さな村の街歩きがよかったです。これから、しばらく ブログで紹介していきます。野花もあちこちに きれいに咲いていて、毎日 いいお天気に恵まれました。

投稿: ロバの家具や | 2012年10月21日 (日) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア・トスカーナ州 アンギアーリ① 路地を歩く:

« 秋の風 | トップページ | イタリア・トスカーナ州 ②アグリツーリズモに泊まって »