« 2013年 めでたき新年 | トップページ | 冬の日~大雪~ »

2013年1月13日 (日)

冬の日~ロケットストーブ2年目②

Photo
ここのところ、毎日 晴天が続いています。風のないひだまりは、外でも ちょっと ひなたぼっこをしたくなるような暖かさです。

Photo
ロケットストーブの暖かさも このひだまりと似ています。ふんわり包み込むような暖かさ。ですから、長野の厳寒期の朝の冷え込みには、ちょっと 部屋を温めるのに 心細く感じることがあるんです。

そんなときは、既成の薪ストーブを併用しています。薪ストーブは、放熱が強いので、すぐ 部屋が温まりますものね。その後は、ロケットストーブで ちょろちょろと 暖かさを保っております。

Photo_4
そして、ある日のこと。ロケットストーブの煙突に、つららができました。雪解け水が凍ったものではありません。ロケットストーブで 燃焼した薪から出たもの…

Photo_5
下のバケツには、こんなにたまっています。これをみて ふと思い浮かべたのは、ノルウエーのスターブ教会。タールを塗られた黒い木造の教会です。

Kyoukai
防腐効果のあるタールが塗られていることで、12~14世紀の中世の木造建築が 今も30近く 残っているのですよね。(一度 見てみたいなぁ)

そして、ふと ‘タール’とは なんだろう…と思い、少し 調べてみました。

タールには、石炭を燃焼させてできる コールタールと、木を燃焼させてできる木タールがあるそうです。

このバケツに 凍って固まっているものすべてが、 タールではなく、燃焼して出た液体を 最低3か月寝かせると、粘液状のものが下に沈殿するそうです。これが、木タールで、上の上澄み液が 木酢液になるそうです。

このタールですが、人体に有害を及ぼすという説もあり、安易に使うことは 控えた方がいいのかもしれません。

でも、ちょっと 遊び心で 防腐剤として 何かに使ってみたい気もしますけど…。

Photo_6

さて、この日の夕方、注文していたあるものが 届きました。何だと思いますか?この袋の中に、軽トラック1台分の薪が 入っているんです。

昨年は なかなか忙しく、薪の準備が不十分だったため、ここで 調達です。
Photo_12
長野の山で きっと一番多いカラマツの間伐材。袋から出して、積み上げました。さて、今シーズン、これで 足りるでしょうか?

Photo_11
歩くと ‘きゅっ きゅっ’と鳴る しまった雪が、午後からゆるみ始め、 ‘さくっ さくっ’となってきました。どうやら、明日は、雪が降るようです。

そして、翌日…

|

« 2013年 めでたき新年 | トップページ | 冬の日~大雪~ »

ロケットストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/56531954

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の日~ロケットストーブ2年目②:

« 2013年 めでたき新年 | トップページ | 冬の日~大雪~ »