« 京都へ その1.町屋 | トップページ | 京都へ   その3. 節分のころ »

2013年2月 2日 (土)

京都へ   その2.家具やの仕事

京都の町屋の改築に伴い、今回 キッチンと洗面所の収納棚を納品しました。

Photo_3
こちらは、洗面所。下にキャビネットが入り、外側の開き戸がついたところです。

Photo_3
次に 天板と開き戸の間に 幕板を取り付けます。

Photo_6
ところが、うまく入りません。天板が微妙に弧を描き、中央部が やや下がり気味のようです。

Photo_7
端と中央で どのくらいの誤差があるか、確認します。そして、次に取り出したものは、

Photo_8
           数字の書かれた板。これは、12。

Photo_9
こちらは、16と 16.5? さて、どのように使われると思いますか?

この板を天板の下に挟み込むことで、天板が持ち上がり、水平になるのです。 今回は、16ミリのもので ほぼ平らになりました。

(この説明でおわかりになりましたか?ちょっと 心配)

Photo_10
後の微妙な調節は、かんなで行います。

Photo_12
               きれいに 入りました。

Photo_15
         最後に、引き出しを入れ、

Photo_11

完成です。材は、水に強い栗です。

こうして、町屋の家の仲間入り。古きものたちと共に、幾久しく 可愛がられますように。

|

« 京都へ その1.町屋 | トップページ | 京都へ   その3. 節分のころ »

木のある暮らし~家具~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/56674312

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ   その2.家具やの仕事:

« 京都へ その1.町屋 | トップページ | 京都へ   その3. 節分のころ »