« なまずのお釜 | トップページ | 真夏の庭で 1.きのこ »

2013年7月31日 (水)

ふたつの家

Photo_4
庭先のタマアジサイが ころんと可愛いつぼみを持ち始めました。毎年、ちいさなかえるくんのおうちになっています。

さて、ここで続けて、2軒のキッチンを納めてきました。どちらの家も、お施主様が 手掛けている思いのこもった温かみのあるお宅です。それでは、ご紹介します。

その1.眺めのいい家

Photo

「住むなら 眺めのいいところ、と決めてました。だから、この場所をみつけたとき、すぐ 決めたんです」と、

お施主様が話しておられたように、目の前に 海のように広がるたんぼと遠くに伊那谷が望める、眺めのいいところでした。

空も広くて、さぞかし 星がきれいにみえるでしょうね。

Photo_2
ご主人様は 大工さんをしておられます。休日を使って、こつこつと 自分の家を建ててきました。白い壁は、親子3人で 漆喰を塗っています。納品に行ったときには、和室の壁にとりかかる準備をされていました。壁を塗り始めて、ひと月半。この和室が終われば、壁塗りは完了だそうです。

リビングの壁に 3人の手形が押してありました。親子3人で 汗をかいて 塗りあげた漆喰。いい思い出になるでしょうね。きれいに塗ってあり、感心しました。

Photo_3
完成予定は、8月2日だそうです。ということは、もう 出来上がった頃でしょうか。思いのこもったセルフビルドの家。どうぞ 末永く お幸せに。

2.古民家の家

Photo
そして、2軒目は、以前 6月のブログで紹介しました、古民家を再生しているお宅です。これは、5月に キッチンのいれる所を採寸にいったときの様子です。

Photo_2
あれから、床が張られ、建具が入っていました。

Photo_3

これは、玄関です。再利用できるものを あちこち探しまわって入れたもの。 寸法の合うものをみつけるのは、大変なことで、後は 建具やさんにお願いしていました。

Photo_7

Photo_4
内鍵の細工も おもしろいですね。

Photo_5
そして、キッチン。これから 使い込まれて、この家にあう味わいを出していってくれることでしょう。

Photo_8

完成の予定を尋ねてみると、「いつになるかな? とりあえず 住み始めて、後は こつこつとやるつもりです。」と、ゆったり構えているお施主様。大学では、建築を学んだそうです。きっと 心の中では、いろいろ 夢が広がっているのでしょう。

今は、信州新町の小さな集落に魅せられ、有機栽培でお米をつくり、炭を焼き、そして、収穫したお米を炭で炒って、玄米コーヒーを販売しています。こちらです

帰りがけに、おおきなおみやげをいただきました。蔵を整理して、出てきたものだそうです。それはそれは 大きな味噌樽。

さて、何に使いましょうか…?

|

« なまずのお釜 | トップページ | 真夏の庭で 1.きのこ »

木の仕事~キッチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/57881541

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつの家:

« なまずのお釜 | トップページ | 真夏の庭で 1.きのこ »