« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

中秋の名月のころ ①

1.りんごの木

6年くらい前のことになるでしょうか?天然酵母で パンを焼き始めた頃、りんごの酵母が作りたくて、アルプス乙女というりんごの苗木を植えました。

日当たりのいい特等席の場所に植えたのですが、春になると、必ずといっていいほど、毛虫が 何度もつき、世話を焼かせ、花が咲いても、なかなか 実がならず、根元から もう切ってしまおうか・・・と 何度 思ったことでしょう。

Photo_5

今年の春も たくさんの花が咲き、その割には 実がつかないね、と言っていたのですが、実が赤くなり始めて、収穫してみると、思った以上にあるではないですか・・・ころんコロンとゴルフボールくらいのちいさなりんご・・・これだけあれば、十分 酵母ができます。

Photo_6

そうして さっそく 保存ビンに りんごを詰め、水を加え、待つこと 3日。ぷくぷくと 酵母のちいさな泡が 出始めました。

酵母が元気になってくると、ふたを開けるときに ぷしゅっと 酵母のはじける音がするんです。ビールの缶を開ける時の あのぷしゅっと似てる。この感触、好きなんです。

最近は、専ら お手軽なホシノ天然酵母で焼いているので、この酵母の泡が出てくる喜びやら ぷしゅを 久しぶりに味わい 楽しみました。

Photo_7

そうしてできた酵母を 今度は、粉と合わせ、元種をつくり、1週間。ようやく、パンが焼けます。

Photo

果たして、うまく 焼けるのか・・・久しぶりの緊張感は、

Photo_9

最初のひと口を入れるまで、続きます。さて、お味の方は?・・・

おいしい。黒パンで味わえる あのほのかな酸味が 口の中に広がって、これは、ホシノでは 味わえない風味でした。

2度目のパンは なぜか この酸味が消えてしまったのだけど、久しぶりに 手間暇かけて焼いた 正真正銘の天然酵母は、美味でした。

Photo_2

切らないでおいて、ヨカッタ。アルプス乙女さん、ごめんなさい。我が家の庭は、雪が少ない分、乾燥が強く 寒さも厳しく、植物にとっては、厳しいところ。それでも、ゆっくり少しづつ 大きくなって、実をつけてくれたことに、ありがたく思わないといけませんね。

ブルーベリーも 同じ。今年 ようやく豊作を迎えました。待ちに待った喜びひとしおの実りの秋です。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

育ったもの、2013年の夏

Photo

我が家の玄関先に、タマアジサイがあります。

庭づくりを始めたころ、よく 沢へ 庭に敷く石を 拾いに行っていました。

そんなある日のこと。その沢の水際に、ひょろひょろの小さなタマアジサイが けなげに ぽつんと生えていました。

豪雨でも降れば、ひとたまりもなく流されてしまうであろう その場所に どのようにして、芽を出し、大きくなったのか、今 考えると、不思議です。

もしかしたら、あの場所でも 人知れず ひっそりと 花を咲かせていたかもしれません。でも、私のおせっかいで、身の丈 20センチほどのひょろひょろは、我が家の庭に 植えられました。

あれから、4、5年たったでしょうか。嬉しいことに、こんなに 大きな株になり、花をたくさんつけ、今年の夏は、見事に咲きました。

Photo_2

つぼみをつけ始めたころから、毎朝 タマアジサイに会いに行くのが、楽しみになり、

Photo_3

刻々と 表情を変える様を 愛でました。

Photo_5 

             あっ、ひとつ …

Photo_9   

              ねっ…

Photo_6

            きれいな 紫です。

Photo_7  

            にぎやかになってきました…

Photo_10

         おぉ…最高潮… 冠を かぶっているみたいね

Photo_11

             そして、フィナーレ。 

時を経て、育っていくもの達への喜びを 感じた夏でした。

Photo_12

最後は、おまけ。

細いほそいトクサの先に ちょこっとつかまって、

Photo_2 

あらよっ・・・と威勢よく 大道芸をみせてくれたカエルくんです。

ゆかいな夏のヒトコマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »