« 育ったもの、2013年の夏 | トップページ | 秋の終わりに »

2013年9月26日 (木)

中秋の名月のころ ①

1.りんごの木

6年くらい前のことになるでしょうか?天然酵母で パンを焼き始めた頃、りんごの酵母が作りたくて、アルプス乙女というりんごの苗木を植えました。

日当たりのいい特等席の場所に植えたのですが、春になると、必ずといっていいほど、毛虫が 何度もつき、世話を焼かせ、花が咲いても、なかなか 実がならず、根元から もう切ってしまおうか・・・と 何度 思ったことでしょう。

Photo_5

今年の春も たくさんの花が咲き、その割には 実がつかないね、と言っていたのですが、実が赤くなり始めて、収穫してみると、思った以上にあるではないですか・・・ころんコロンとゴルフボールくらいのちいさなりんご・・・これだけあれば、十分 酵母ができます。

Photo_6

そうして さっそく 保存ビンに りんごを詰め、水を加え、待つこと 3日。ぷくぷくと 酵母のちいさな泡が 出始めました。

酵母が元気になってくると、ふたを開けるときに ぷしゅっと 酵母のはじける音がするんです。ビールの缶を開ける時の あのぷしゅっと似てる。この感触、好きなんです。

最近は、専ら お手軽なホシノ天然酵母で焼いているので、この酵母の泡が出てくる喜びやら ぷしゅを 久しぶりに味わい 楽しみました。

Photo_7

そうしてできた酵母を 今度は、粉と合わせ、元種をつくり、1週間。ようやく、パンが焼けます。

Photo

果たして、うまく 焼けるのか・・・久しぶりの緊張感は、

Photo_9

最初のひと口を入れるまで、続きます。さて、お味の方は?・・・

おいしい。黒パンで味わえる あのほのかな酸味が 口の中に広がって、これは、ホシノでは 味わえない風味でした。

2度目のパンは なぜか この酸味が消えてしまったのだけど、久しぶりに 手間暇かけて焼いた 正真正銘の天然酵母は、美味でした。

Photo_2

切らないでおいて、ヨカッタ。アルプス乙女さん、ごめんなさい。我が家の庭は、雪が少ない分、乾燥が強く 寒さも厳しく、植物にとっては、厳しいところ。それでも、ゆっくり少しづつ 大きくなって、実をつけてくれたことに、ありがたく思わないといけませんね。

ブルーベリーも 同じ。今年 ようやく豊作を迎えました。待ちに待った喜びひとしおの実りの秋です。

 

|

« 育ったもの、2013年の夏 | トップページ | 秋の終わりに »

コメント

アレッツォの歌子です!すっごくおいしそうなパンですね、そしてりんごもプリプリと元気が良さそう!アルプス乙女という品種があるのですね、青森生まれの私としては、りんごにも興味津々!私もあのプシュッという音大好きです、耳を傾けると聞こえてくるシュワシュワも

投稿: 歌子 | 2013年10月 3日 (木) 21時47分

はじめまして。
このリンゴの酵母で シードルできそうですか?
パンはまだ焼いていませんが、プシュッというう感覚は なんだかわかるような気がします。

投稿: kinokoji | 2013年10月 9日 (水) 00時41分

歌子さん、ご無沙汰してます。アレッツオのオーガニックマーケットで、無農薬のリンゴを買ったのを思い出しました。懐かしいっ!近々、メールしますね。

投稿: ロバの家具や | 2013年10月 9日 (水) 10時14分

kinokojiさま、はじめまして。シードルを作ったことはないのですが、興味がわいたので、ちょっと調べてみました。リンゴジュースとりんごの酵母を合わせると、できるみたいですよ。もしよかったら、ご覧になってみてください。
http://rakuko.exblog.jp/7587735/

投稿: ロバの家具や | 2013年10月 9日 (水) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565139/58263211

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月のころ ①:

« 育ったもの、2013年の夏 | トップページ | 秋の終わりに »