« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月26日 (木)

2013年

2013年。今年も いくつもの良きご縁に恵まれ、感謝の気持ちで いっぱいです。ありがとうございました。

今年 最後に 御三方のご紹介をさせていただきます。

1.お施主様が 初めていらしたのは、昨年の秋のことでした。

  それから、 幾度と足を運ばれ、念入りにキッチンの打ち合わせに来られた奥様。親子3人で いつも来られて、その都度 いっしょに 我が家の庭を 散策し、四季の移ろいを楽しまれました。

  また、 いろいろな職人さんと 話し合いを重ね、仕事をしているところへ 顔を出し、コミュニケーションを大切にし、家づくりの過程を 心から楽しんでいる姿が 印象的でした。

K11_2

K10

2.ふたりで キッチンに立つことが多いという、仲良しのご夫妻。 ぶどうで起こした酵母でパンを焼く奥様と、チャーハンなら おまかせというご主人様。

打ち合わせも、お二人で いつも相談されて、和気あいあいと 楽しそうでした。

Ko2_2

白を基調とした室内に、赤みを帯びた桜のキッチンが映えています。

Ko4

 3. 以前に 食器棚を納めたことのあるお施主様。ひいおじいさまが 植えられたという いちょうの古木が 大きくなりすぎて、昨年 根元から切りました。これを製材し、家具にという ご注文をいただきました。

Photo_5

少し黄色味がかったいちょうの木は、こたつ、まな板、そして、卵の形をしたちゃぶ台に 姿を変えました。

Photo_6

それでは、来年も 健やかな一年でありますように。よいお年を お迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

てすり

以前に 家具を納めさせていただいたお施主様から てすりのご注文を受け、先日 納めてきました。

Photo

ちいさな手の方でも、軽くにぎれるほどの大きさにしてあります。

Photo_3

              デザインは、シンプルに 、

Photo_2

     家の雰囲気に 寄り添うような ‘てすり‘です。

Photo_4

そして、さりげなく ひと様を支えていってくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

霜の季節に

秋の最後を飾るカラマツの黄葉が終わり、里山は 冬を迎えています。寒さも ぐっと冷え込んで、毎朝 霜で覆われ、凍りづいた白い朝です。

Photo

一見、寒いだけの何もない庭に思いがちですが、大地に降りた霜は レースのように落ち葉を飾り、

Photo_2

植物のシモバシラは 名前の由来どおり ゆかいな霜というか 氷を張って、目を楽しませてくれます。

Photo_4

そして、シュウメイギクのこの綿毛も 魅力的です。

Photo_5

綿毛を広げる様が クジャクが羽を広げているかのように見えます。きれいですね。

Photo_6

そして、霜が降りるこの季節、近所の方に声をかけてもらい、ワカサギ釣りに出かけました。

釣りをしたことのない私は、ワカサギ釣りというと、氷の張った湖に穴をあけて 糸をつるすというのを、イメージしていたのですが、

通のワカサギ釣りは、違いました。川釣りなんです。時間は、ワカサギが 集団で上がってくる夕方がいいのだとか。

Photo_7

長い竿をたらして しばらくすると ぶるるんとかかった感触が伝わってきて、逸る気持ちをおさえながら、そっと竿を上げると、直径8センチくらいのワカサギが ぴちぴちしながら上がってくる。

なるほど…釣りは 楽しい。水面に映った雲をみていると、なんだか 空で釣りをしているような気分になりました。

Photo_8

そして、天ぷらにしていただきました。とにかく ふわっと柔らかくて、おいしい。いくらでも食べれてしまいそうですが、ちいさな命ですものね。ありがたくいただきました。本当に ごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

恵那へ その3.ハム工房

その2で紹介した‘眺めのいい家’のお施主さんは、仕事で ハムを作られています。そのハム工房を見学させていただきました。

Photo

ハム、ソーセージなど、すべて 無添加で 作っています。

Photo_2 Photo_3

とてもおいしいですよ。ネットで 購入できます。ぜひ ホームページも ご覧ください。

  ハム工房 ゴーバル  

Photo_4

そして、ゴーバルさんで 生ハムの作り方を聞いてきました。それを参考に ろばの主人、生ハムづくりに挑戦です。豚肉8キロほど ここで仕込みました。おいしくできますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »