秋の味覚

2010年10月24日 (日)

干しいも

Photo_4 先日、お隣さんから 干しいも用のいもを いただきました。皮が 白いおいもです。

作り方を教わり、さっそく 試してみました。 

まず いもを 竹串がささる位まで ふかします。そうしたら、適当な厚さ(私は 1cm位)に切ります。それを 天日干しして、いもが ねっとりするまで 待ちます。今回は、4日ほど干しました。Photo_5

オーブントースターで焼いて いただきました。おいもの自然な甘みと ねっとり感が おいしかったです。

10月は、秋の味覚 満載。肥ゆる秋でも ありますね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

なめこ

Photo_2 

3年前 ほだ木になりそうな いいコナラの木が 手に入ったので、春先に 市販されているなめこの菌を 植え付けました。

市販のものよりも 大きくて 食べ応えのある ほのかに山の香りのするなめこです。

秋になると、 山のように なめこが なり、食べきれないほどでしたが、3年目の今年は ちょぼちょぼのなり具合。

これが 最後のなめこ・・・かも と思うと 名残惜しいですが、うどんや 味噌汁の具にしていただきました。

いいほだ木を手に入れるのは、なかなか 難しいことなので、次回は 工場からでるおがくずを使って、きのこ栽培をたのしみたいね、と 話しています。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

山栗ごはん

Yamaguri

ここ何日か ニュースで 熊の出没のことが 報道されていますね。

今年は、 春の低温で 受粉がうまくいかず どんぐりの実が 少ないことも影響しているようですが、山栗も 同様で、 例年のように 実が落ちていません。

我が家では、毎年 山栗を 拾って 山栗ごはんを 食べるのが 恒例となっています。

しかし、今年は いつも 拾う木に 実が ほとんど なっておらず、”今年は 食べれないかも”と 半ば あきらめていました。

ところが、裏山の まだ 1メートルに満たないちいさな木にたくさんの実がついたのです。

山栗の実は、2センチほどのちいさな栗ですが、この栗は それより ちいさなものも混ざっていました。

この皮をむくのは、ひと苦労。向いていると 首が ぎしぎし 痛くなってくるんです。

それでも 食べたいのは、 山栗は 栗の味が しっかりしていて、甘くて ほくほくして何より おいしいから・・・。

Kurigohann

どうです? おいしそうでしょう?

ほんとに おいしいんですよ。 今年も 山栗ごはん、いただきました。

どうも ごちそうさま。ありがとう。

|

2010年10月15日 (金)

山の幸、きのこ②

Iguti2  

今朝 起きて 外をみたら、夜に 雨が降った様子。 それなら きのこが出てるかも・・・と

裏山へ。 ぴちぴちの ハナイグチを みつけました。 さっそく 朝食の味噌汁に・・・。

実りの秋は たのしい秋です。

|

2010年10月12日 (火)

山の幸、きのこ

P1100466

”山 行って とってきたで” と 近所のおじさんが、きのこを 持ってきてくれました。 きのこ狩りで 一杯やったおじさんは、ほろ酔い顔。

とりたてのきのこは、ぷ~んと 山の匂いがします。                       それでは、もらったきのこを 紹介しましょう。                     

これは、コムソー。傘をかぶった坊さんの姿に 例えたとか。しゃきしゃきとした食感が たまりません。

Komuso_2

お次は、アミタケ。名前の通り、裏が あみあみになっています。ほろっと 苦くて、おいしいです。 煮ると 色が 変わります。

Amisann

9月の末から、まとまった雨が降り、ここで 急に にょきにょき きのこが出始めた、と 耳にしていたところでした。

それなら、私たちも きのこ狩りへ・・・と、裏山へ 入ると、                    あっちに こっちに きのこ、きのこ。

しかし、食べれるきのこは、そう 簡単には みつかりません。ようやく、みつけたのは、ウラベニホテイシメジ。 食べると 後から じわ~っと 苦味が 広がります。

Kinoko

今夜は さっそく きのこ汁を 楽しみました。

P1100492_2 

カラフルで おいしそうでしょう。 あみたけは、赤むらさきになりました。

貴重な山の幸に 感謝です。どうも ごちそうさま。

   

|