イタリア ソラーノ⑤

2012年11月29日 (木)

イタリア トスカーナ州 ソラーノとエトルリア古墳

オルチャに滞在中、一日 ガイドをお願いしました。モンテプルチャーノにお住いの いのうえ ともこさん&マッシモさんご夫妻です。

今回は、オルチャ渓谷を南下し、首都ローマがあるラツィオ州にほど近い 3つの街を案内していただきました。

マッシモさんの優しい運転で オルチャの景色を ゆっくり眺めながら、まずは ソラーノへ。

Photo_6
山間に まるで壁のように 街並みが立ちはだかるソラーノ。

Photo_8

ソラーノは、貴族オルシーニ家の防護壁の役割を担っていたそうです。
Photo_10

だとしたら、住民は いつも緊張感を抱いて、暮らしていたのでしょうか?街を見下ろすと、川に橋がかかり、小道が見えます。あの森は、人々の心を癒していたかもしれませんね。時間があれば、歩いてみたかったです。

そして、街を歩いて、印象に残ったのは、

Photo_17

木戸に彫られた模様でした。どことなく 日本の文様と似ているところもありますね。

Photo_18

石積みの家は、どこも同じようなので、木戸で 個性を表現したのでしょうか?

Photo_25

Dsc00662

シンプルで いいですね。ソラーノの人々の美意識を感じます。

Photo_26
もし また イタリアへいく機会があれば、もう一度 ゆっくり歩いてみたい街、ソラーノでした。

Photo_23

次は、エトルリア古墳へ。ここトスカーナは、ローマ人が支配する前に エトルリア人の暮らしがありました。

Photo_27
そのエトルリア人の住居跡(古墳)が 公園になり、保存されています。

Photo_28
これは、お店の跡らしいです。何を売る店だったのでしょう。

Photo_29
そして、これは 切通し。鎌倉にあるものより 長くて、圧巻でした。

ここだけ、涼しい風が吹き抜けて、ちょっと 異空間を歩いているような独特な雰囲気がありました。これを 切り刻んだ古代の人々の労力は すごいものですね。

ここを訪れることで、この周辺の魅力が深まったように思います。

次回は、ソバーナ、ピティリアーノへ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)