イタリア フィレンツェ⑧

2012年12月14日 (金)

イタリア トスカーナ州 フィレンツェ・ホテル トッレ ディ ベッロスグアルド

イタリア2週間の旅も いよいよ最終日を迎えました。 最後の晩を飾るべく、選んだのは、眺めのいいホテル。

Photo_9
フィレンツェ郊外にある ホテル トッレ ディ ベッロスグアルドです。中世の貴族が 狩猟をするために使っっていた別邸だそうです。
Photo
             名前の通り、塔があります。

Photo_11
フロントのあるフロアー。中に一歩入れば、もう 中世の貴族の世界に お招きされたような 高貴な雰囲気です。

Photo_12
私たちの部屋は 3階。2階までは、このクラッシクなエレベーターに乗りました。

Photo_13
通されたお部屋は、角部屋でした。

Photo_16
さあ、窓からの 眺めは…

Photo_17
フィレンツェの街が 一望できます。大聖堂を中心に広がる 赤い屋根の街並みは、心に描いていた以上に 美しく、ずっと眺めていたいような景色でした。

さて、一息ついてから、中世の館を 回りました。

Photo_20

左横にある階段を上がっていくと、広いパーティーホールへと 続いていました。ここは、エントランスホールのような場所かしら?

Photo_32
        天井には、紋章のような絵柄が描かれていました。

        そして、窓側には、

Photo_30
ここに座って、景色を眺めるのでしょうね。なんて、贅沢な空間でしょう。

Photo_28
おおきなシャンデリア…ここは、華やかな雰囲気のお部屋です。

Photo_29
描かれているのは、生命の樹でしょうか?たくさんの小鳥がいて、楽しそう。

Photo_33
           ティーサロンもありました。

Photo_34
ちょっと はにかみ屋のオウムさんが 待っていますよ。

Photo_43

           そして、お庭へ…

Photo_35
山の水をひいて作られた 水辺の景色が 素敵でした。

Photo_44

Photo_45

あの屋根…日本の家屋と似てますね。ツユクサもうえてありました。日本やアジアにも 興味のある方だったのでしょうか?

どこを歩いても、きれいに 手入れされていて、庭師のいい仕事ぶりが 拝見でき、とても 気持ちのいい素敵なお庭でした。

Photo_46

そして、ライトアップされたフィレンツェの夜景をみて、眠りにつき、

Photo_47

そして、朝7時。大聖堂の鐘が 響きます。旅の終わりに この静かな 優しい鐘の音を聞くことができて、幸せでした。

空港へ 旅立つ前に もう一度、朝の空気を吸いながら、庭を 散策しました。旅が終わる寂しさよりも、この素敵な庭を歩けることが 楽しく、最後に このホテルで過ごせたことに、喜びを感じていました。

古い館を維持していくことは、大変なことでしょう。それでも、当時の雰囲気を きれいに残しつつ、ホテルとしての快適さも 加味し、また  美しい庭で おもてなしを受けたことは、気持ちよく 心に残りました。

そして、数日前、サプライズのクリスマスメールが このホテルから 届きました。嬉しい 心遣いですね。グラツィエ ミッレ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)