歳時記

2013年1月 1日 (火)

2013年 めでたき新年

Photo_4
           新年 あけまして おめでとう ございます。

昨年、松本へ お神酒の口を買いに出かけた際に、松本民芸館に寄りました。これは、展示品の沖縄の土人形です。

めでたき正月を 喜び踊っているかのようでしょ…

Photo_5
              めでたい…めでたい…

Photo_6
これは、民芸館を 松本市に寄贈した丸山太郎氏の作品です。卵の殻で 柏の葉がかたどられています。

柏の葉も 秋に枯れた葉が春まで落ちずに枝についているところから、縁起がいい木として植えられ、昔ながらの家では、 よく見かけます。

これまた、めでたい…

Photo_7
今年も 美しきものを愛で、お届けしたいと思います。

どうぞ よろしく お願い申し上げます。

 

                              ろばの家具や

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

お神酒の口

Photo

これは、松本でつくられている‘お神酒の口’というお正月飾りです。

ご存じでしたか?私は、雑誌「暮らしの手帳」で知り、先日 買い求めに、松本まで 行ってきました。

松本の街中、四柱神社の横にある たい焼きやの気さくなおばさんが 作っています。昔は、松本城に仕える下級武士の内職だったそうで、今では 唯一このたい焼きやさんだけが つくっておられます。

真ん中に見られる花は、梅。美しい曲線を描くのは、松。そして、素材は 竹。松竹梅で、縁起がよいそうです。

‘お神酒の口’と言われる由来は、お神酒徳利の底に お神酒をいれ、そして 徳利の口に この正月飾りをさして、新しい神様を お迎えするという風習から来ているのでしょうね。

Photo_2

我が家では、今回 お好みのお神酒徳利に出会えず、蕎麦ちょこに あつらえました。檜で支えをつくったので、お神酒に 檜の香が移ることでしょう。

来年は、良きお神酒徳利をみつけたいと思います。

Photo_3

それでは、皆様、今年も 大変 お世話になりました。

どうぞ よいお年を お迎えくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)