ポンプ

2011年5月26日 (木)

つち

Photo_2 

            つち・・・土?・・・いいえ、槌です

Photo_3

           ほらね・・・打ち出の小槌ですよ

Photo_4

それは、縁起のいいポンプだねぇ~

Photo_18

前回 紹介したゆずの木のある家に 深さ6メートルの井戸があります。今でも、飲用水として使える井戸です。

90歳を超えるおじいさまが 生活用水として使っていた頃のはなしを聞かせてくれました。当時は、木桶で 水をくみ 何度も運んだそうです。

家族の歴史と共に歩んできた井戸に、今回 ろばの家具やが ポンプを設置しました。

井戸が深いので、こぐのに結構 力がいります。初めて 水がでてきた時の みなさんの笑顔、よかったな。水がでてくるときって、なぜか 心がうきだつんですよね。

ホームページで この井戸のつくる工程を紹介しています。ぜひ こちらも ご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ichimoku/niwa/pg156.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

ポンプを取り付ける 大黒号

前回の予告編で お知らせしましたように、先日 大黒号のポンプを ろばの主人(あるじ)の実家に 取り付けてきました。

昔むかし、おとうさんが 横浜のこの地に引越してきたときに、生活用水として井戸をふたつ 掘ったそうです。 ひとつは 庭仕事用に 電動で 水を引き上げて 今でも 使っているのですが、もう ひとつは 使わず眠ったまま…。

さあ、ここで 永遠の眠りからさめる井戸のものがたりのはじまりです。

Photo                 井戸を救うのは この大黒号。

Daikoku2

使えない部品を 交換し、磨きをかけ、こんなりっぱなポンプに 生まれ変わりました。詳しい工程が 知りたい方は、ホームページを ご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ichimoku/niwa/pg155.html 家具工房 一木(いちもく)

Daikoku1

ポンプをこぐ柄も、もちろん お手製です。家具やですからね。 水回りに 石を敷き詰め、小鳥の水場も つくりました。 ちょっと おしゃれな雰囲気に なったでしょう?

使わずにいた井戸に 息吹を吹きかけた瞬間。水がでてきたときの喜びは、こどものように はしゃいでしまったくらい 嬉しいものでしたよね。おとうさん、おかあさん…。そして、ろばの主人(あるじ)さん…。                     

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ポンプ 予告編

この週末、中古のポンプを取り付けに、ろばの主人の実家へ行っています。

Photo_8           オークションで 入手したものです。

Photo_9 大黒様の絵が はいったポンプです。これは、縁起が いい!!

Ponpu

これは、我が家のポンプです。‘日の出’と 名前が入っています。昨年の夏、雨水タンクの水をくみ出すのに、設置しました。これも 中古品で 手を加えて、使えるようにしたものです。

詳しい工程は、ホームページのほうで 紹介しています。

ご興味のある方、ぜひ ご覧ください。

家具工房 一木(いちもく);

http://homepage3.nifty.com/ichimoku/niwa/niwa6.html

それでは、このつづきは、後日 また 報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)